HIRATATILE CO.LTD

  • Hi-Ceramice
  • BISCUIT
  • Sunclay
  • Hits

トップページ / 採用情報 / 先輩社員インタビュー

あなたにとって、イノベーションとは? STAFF INTERVIEWS

aa


R・T
入社4年目

私は学生時代、特に業種を絞らずに就職活動をしていましたが、キレイなタイルやオシャレな海外製の住宅設備にインスピレーションを感じ、直感だけで平田タイルへの入社を決意しました。会社説明会では、社名にある”タイル”だけでなくトイレやお風呂、キッチンなどの住宅設備や、サッシなどの住宅建材など幅広い商材を扱う営業と聞いていましたが、実際私が配属されたのは「設備特販課」という衛生設備の専門部署でした。大学では経営学を専攻しており、建築業界のことなど全く知らない、ましてや衛生設備が何なのかということさえ知らないまま専門部署へ配属され、正直最初は戸惑いを隠せませんでした。
私が配属された設備特販課は、衛生設備の設計・施工などを行う、設備のスペシャリストであるサブコンさんに衛生陶器、ガス給湯機器、受水槽などの設備機器を卸す物件対応の専門部署です。お得意先が衛生設備のスペシャリストなので、当然私たち納入業者にも専門的な知識が求められます。それに対応するため、配属されてから半年以上、社内での研修や先輩社員の現場打合せへの同行で、商品の知識や打合せの進め方などを先輩方にしっかり教えていただきました。実際に自分の得意先を持つようになってから半年以上が経ち、“勉強期間”を併せると丸1年以上衛生設備の専門部署に携わり、やっと基本的なことを自分で判断し、行動できるようになりました。

時間をかけてやっと一歩踏み出せましたが、規模の大きな物件の対応をすることも多く、まだまだ自分では解らない・判断できないイレギュラーが毎日のように起こります。そんな時は一人で抱え込まずに、私より知識も経験もある先輩方に相談し、時には打合せに同席してバックアップしていただくこともあります。衛生設備が何なのかということさえも知らないまま、全く思いもかけずに設備特販課という専門部署に配属されましたが、先輩方からのバックアップも十分すぎるほどにしていただけて少しずつではありますが、前進できています。この環境を大切に、「衛生機器のことなら何でも聞いて!」と言えるようなプロフェッショナルになれるよう、日々勉強し経験と知識を積み上げていきます!

Top